© 2019 Sennoha school - All photos and comments reserved to Sennoha school.

​大きく、前進します。

昨年、沢山の方々からの熱いお気持ちを頂き、

おかげさまで千の葉学園は、

 

昨年12月27日付で

 

「一般社団法人千の葉学園」

 

として校舎買取を無事終えることが出来ました。

本当に本当に皆様の力なくしては実現できることではありませんでした。

心からお礼を申し上げます。

法人格を取得する為に日数を要し

年末ギリギリでの買取となり、

ご報告が遅れてすみませんでした。

2学期中に2年生から5年生まで合わせて8名の生徒が増え
益々活気溢れる学園となっております。

日頃の授業の様子を発表する月例祭では
編入生達もすっかりクラスの一員となって
個性と才能を披露する頼もしい会となりました。

そして、千の葉学園唯一の12年生が2学期をもって

ドイツのユーゲントゼミナールへと旅立つ事となりました。

月例祭の卒業論文発表では「Alについてシュタイナーの考察を交えて」について発表。
神秘学概論を読み込み量子コンピュータの権威に会いに行くなど
自分で考え行動し、自分だけの解釈を披露し、

(いくぶん手前味噌になりますが)

シュタイナー教育の集大成のような聞き応えのある

素晴らしい発表となりました。

校舎も取得し人数も増え、うれしいことが続いておりますが、
まだまだ学ぶこと やるべき事 沢山あります。
至らない点ばかりですが、健やかなる未来を目指し
全ての子ども達が自分自身をイキイキと生きられるよう
今後ともご指導ご鞭撻よろしくお願いいたします。

校舎買取の為 応援、アドバイス、寄付をしてくださった皆様 本当にありがとうございました。
また、改めてお便りをもってお礼させて頂きます。
重ね重ね感謝申し上げます。